My London, My Life

YMSにより、2015年からロンドンで生活しています。大事にしたい大切な日々・・・を綴ります。

日用品はコレ

生活に欠かせない日用品!
私は日用雑貨の買い物が大好き!なので、私が使っているものを紹介します。

 

①Dettol Surface Cleaner

f:id:londongirl-k:20170316005752p:plain


私は個人的にこのブランドが好き。
日本に住んでいた時は、キレイキレイアルコールスプレーを超愛用してました。
若干潔癖の傾向があったので、もう毎月2本くらいは消費していたような。。。

 

②DUCK FRESH BRUSH

f:id:londongirl-k:20170316010224p:plain


DUCKは、トイレ掃除のお供です。
いろんな香りがあります。現在はミント使用中。

皆さんトイレブラシってどんなの使ってますか?
私は日本にいたとき、コレ↓を使っていました。

でも、こっちはこのタイプ↓が主流。ブラシに付着する雑菌がすごく嫌。

f:id:londongirl-k:20170316010525p:plain

で、探していたら見つけました!


やるじゃん、DUCK~!

これでDUCKに惚れた私は、トイレ掃除はDUCKと決めました。

 

③Dettol Cleaning System

f:id:londongirl-k:20170316010922p:plain

床掃除は、私は日本にいたときは、クイックルワイパー(またかよw)を愛用してました。 

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

 

ちょっと洗剤が足りないな、と思ったらお部屋のマイペットをシュッシュ。

で、イギリス(ヨーロッパはどこもそうだと思う)は床掃除はモップが主流。

f:id:londongirl-k:20170316011220p:plain


雑菌がついたモップで床を掃除するのが嫌なので、クイックルワイパーみたいなものを現在探していて、これを発見!

探せばある!

 

日本のようにドラッグストアがあちこちにあるわけではないので、探すのにちょっと時間がかかりましたが、日本と変わらない掃除用具を揃えています。

仕事探し②

仕事探しについて全然書いてなかったので、今日こそはつづきを。

(前回の仕事探しについての記事はこちら↓) 

londongirl-k.hatenadiary.com

他のワーホリさんの参考になるかどうかわからないけれど、参考になることもあるかもしれないし。

 

私はある程度やりたい仕事が決まっていたので、日系エージェントを利用するよりも、Googleに直接タイプして仕事を探していました。
例 Marketing Job London
のように。。。

 

ローカルの企業の面接にも行きましたが、現地の就活生やヨーロピアンの就活生を抑えて仕事を得るのは想像以上に大変でした。


これが芸術の分野だったらまた違ったのかもしれないけれど、これといって何か才能があるわけではない私にできるのことはひたすら応募するだけ。

応募しては面接に行き、応募しては面接に行き、の繰り返し。(そして合間にレストランでバイトして生活費を稼ぐ)


大学卒業して、日本の充実した生活を捨ててまでロンドンのレストランで働きたかったのか?
一体自分は何をしているのだろう?


何度も何度も涙。。。

 

私は就いた仕事の数(経験したアルバイトの数)は人一倍の自信あります。

どんなバイトをしていたのかというと。。。

①餃子の試食販売員
②ラグビーワールドカップの単発バイト
③コミコン(コミケみたいなもの)の単発バイト
④コンパニオン
⑤すき焼きレストラン
⑥焼肉レストラン
⑦お寿司屋さん
⑧パン屋さん
⑨ハイパージャパン
⑩別の会社の試食販売員
⑪テレアポのバイト

 

来てすぐにポンポンとうまい具合に仕事を見つけられるワーホリメーカーもたくさんいます。
彼らとは対照的に、私は本当に時間がかかりました。

「会議室に呼ばれたと思ったらクビ宣告」も経験し、その場で荷物をまとめて出て行って、と映画のようなシチュエーションにも陥りました。

今の仕事はブライトンに籍を置く、ローカルのリクルーターがネットにアップしていた私のCVを見て、連絡してきてくれました。

本当にラッキーだったと思います。

 

あまりアドバイスになっていませんが、でも、私が仕事を見つけられたのは、

仕事探しを止めなかったこと、探し続けたこと

そして、少しの可能性も信じてありとあらゆる方法で仕事を探したこと

 

これに尽きると思います。

 

面接のたびに私が参考にしていた本があります。

とても参考になったので、ここで紹介します。

 

まず、CVを人事に見てもらわないといけないことには何も始まりません。

この本は、CVのみならず、カバーレターの書き方についても詳しく書かれています。

英文履歴書の書き方Ver.3.0

英文履歴書の書き方Ver.3.0

 

 また、いざ面接!となったときに慌てないために。。。

採用される英語面接 対策と実例集 (CD book)

採用される英語面接 対策と実例集 (CD book)

 

面接準備から面接終了後のフォローアップのことまで細かく書かれているので、初心者にはとてもありがたい本です。

 

参考になれば幸いです。

石灰をやっつけろ!

硬水の地域で必ず出てくるこやつ。

そう、それは。。。

 

石灰!

f:id:londongirl-k:20170313183554p:plain

仕方ないのは分かっているけれど、本当にこれヤダ。

家の共同ケトルの石灰っぷりはそれはそれはひどくて、お茶を飲んでいて硬いものが口に入って、出して見てみると石灰の塊だった!なんてこともある。

リラックスするどころか、Super disgusting なのである!

 

家のトイレットペーパーや洗剤などを補充するのは私の役目。(1か月£10みんなから徴収している)

で、買い物をしていてこれを見つけた。

f:id:londongirl-k:20170313204146p:plain

私はここで購入!(約£1)

 

【使用方法】 

パックをケトルに入れて、約10分放置

そして、一度お湯を沸かす

よく洗って終了!

 

ピカピカ~!!!

f:id:londongirl-k:20170313205400p:plain

もう新しいの買わないといけないと思ってたわ。。。

 

あと、石灰を取るリムーバーはこんなものも!

f:id:londongirl-k:20170313215705p:plain

f:id:londongirl-k:20170313215735p:plain

私は、Dettolというブランドが好き。

他にもキッチンスプレーいろいろ出てます。

 

イギリス在住の皆さんは試してみて! 

 

イギリスに来た目的

ロンドンではワーホリに来た人にたくさん出会った。
100人いれば、100通りのワーホリの過ごし方がある。

旅行しに来た人、たまたま当選したから来た人、本当に人それぞれ。
そして、1年以上経った今、私もなぜイギリスに来たのか考えてみることにした。

日本での生活の居心地の悪さと、仕事への満足感を感じつつも、漠然と「いつかイギリスに住みたい」という思いがあった。
なぜか分からないけれど、この国に小さいころから憧れており、飼った犬はゴールデンレトリバーとボーダーコリーというイギリスブランド。
前世はイギリス人だったと友達に豪語していた。

憧れは強くなりながらも、現実的には留学できるような費用は持ち合わせていなかった。
留学できないのであれば、ワーホリビザを得て渡英しよう、それなら現地での滞在費用を少し補うことができる。と考えるようになった。

しかし、ワーホリのビザは先着順ではなく抽選制となり、ますますハードルが高くなっていった。
もうダメかもしれない、ダメなら、定年後大学院留学でもしてみようか。。。半ば諦めながらも、貯金に励んだ。
パスポートも心機一転、更新した。

そして、これくらいならギリギリ2年間生活できるかもしれない、という金額に達したとき、当選した。

当選発表の日は、仕事が手につかなかったのを今でも覚えている。
メール、来ないかな、どうしよう、もうすぐ時間になってしまう。。。。。
そんな時、スマホのバイフの音がして、さっと目をやると、SUCCESSFULの文字が一瞬見えた。

!!!

こんなに心臓の音が高鳴ったのは久しぶり。
当たった、当たったんだ!

その日は仕事しながらも、いつやめよう、どうしよう、本当に当たっちゃった、生活していけるかな、そんな思いで仕事が手につかなかった。

出発の日はそれはそれは不安で、入国した後もずっと不安だった。
「とにかく仕事を早く見つけなくちゃ貯金が減ってしまう」

そして、この国で仕事を見つけてやっと生活の目処が立とうとしている。
就労ビザのサポートをしてくれることも決定した。
この国でビザサポートを受けて、身を立てる、という目標に一歩近づいた。

でも、なぜこの国に来たかったんだろう?

 

つづく

無事、試用期間をPASS

1.3.2017にレターをもらい。。。

とうとう。。。

正式に。。。

試用期間をPASSしました!

 

そして、Tier2ビザ取得に向けて、動いてくれることになりました!

まだ確定したわけではありませんが、こちらのUKのHRとアメリカ本社のHRが連絡を取り合ってくれるそうです!

 

Tier2を取ってみせると日本を出てきて約1年と6か月。

その夢が叶いそうです。

 

ここが変だよUK

皆さんご存知のように、日本はとんでもない国です。

とんでもなくサービスがよく、安く、そして早い。

 

それに比べて英国は。。。

日本だったら起こらないことが起こります。

f:id:londongirl-k:20170309231840p:plain

線路の近くでFireがあったのでここから先には行きません!

とか。。。

 

f:id:londongirl-k:20170309232527p:plain

停電でチケットが買えない!

とか。。。

 

とにかく日本は便利なんですよ~!

結論は、それだけ。

チャリティーに参加してみよう

欧米では日本に比べてチャリティー活動が活発です。

私も、せっかくイギリスに住んでいるので、自分ができる範囲で活動してみようと思い、いろいろ調べていました。

 

そこで、私が申し込むことにしたのはこちら。

www.guidedogs.org.uk

私はゴールデンレトリバーを飼っていた(♀、11歳9か月で他界)こともあり、ゴールデンレトリバーが大好き!

ガイドドッグはゴールデンではなくラブラドールが主ですが、まあそこはいいや、参加してみることにしました。

f:id:londongirl-k:20170309222233p:plain

ポチっとな。

そして、このようなメールが届きました↓

Thank you for joining Friends of Guide Dogs. You’ll help us to make a difference to the lives of everyone living with sight loss in your community, and throughout the UK.

To welcome you to the community, we’ll be sending a copy of your welcome pack in the post, along with your pin badge, travel card holder and window sticker. You can also access this pack, your special offers and the online community on our dedicated website: www.yammer.com/friendsofguidedogs

In the next couple of days you'll be receiving an invite from notifications@yammer.com with the subject of 'Chris Rose has invited you to the Friends of Guide Dogs external network'. Just click 'accept invitation' and you’re moments away from being part of our flourishing online community. We've tested it in all major screen readers and magnifiers - and it's also available as an app for your iPhone, iPad, Android, and Windows Phone, so you have plenty of choices about how you can get involved.

We've put together some information on using the online community – it's very similar to using Facebook or Linked In, and it's only open to those who've joined Friends of Guide Dogs. You can view this on our website: www.guidedogs.org.uk/friends

When you login for the first time, you'll need to agree to our terms of use, which are also available to read once you've logged in. Our team of volunteer community assistants and our community manager will be on hand if you need any help – just ask a question when you've logged in. You can also email me if you have any queries.

You’ll start receiving more information about what we’re doing in your area, as well as Forward magazine in your preferred format. We’ll also let you know opportunities for you to get involved and feedback on our services, campaigns and research.

Every hour, another person in the UK goes blind. When someone loses their sight, we’re here to make sure they don’t lose their freedom as well. Through face to face meetings, phone groups and our online community, you’ll enable us to focus on what really matters to you and other people who are blind or partially sighted.

Once again, thank you for joining Friends of Guide Dogs. I look forward to keeping you updated in the future

Kind regards,

************

またアップデートしたいと思います。